0から節約の環境を作る為の特典記事

この度は特典記事をご覧いただきありがとうございます。

 

この特典記事では、電子書籍の内容の補足説明や最新の正誤情報、節約を実践する為に登録すべきサイト等の必要なリンクを貼っておりますので、書籍を読みながら、こちらの記事も必要に応じて活用してください。

 

僕自身、節約はある程度得意ではありましたが、同時に失敗したこともあり、様々な経験を通して今の自分にたどり着きました。

 

その経験から、節約を今までしてこなかった人や、お金にゆとりが無い人に向けて、誰でも年間で100万、200万と貯金する為に必須な節約方法と考え方を、今回の記事で執筆しています。

 

もちろん書籍でも記載しているように、現時点での収入や支出は人により様々です。

 

ニートやフリーターの人、既に家庭を持つ人や、借金を抱えている人などは、スムーズに年間100万200万と一気に貯蓄することは難しいでしょう。

 

しかし、どんな人でも今日から自分の出来る範囲で、やれることをやるべきだと思いますよ。

 

書籍について感想や質問がある人はこちらから問い合わせをお願いします。

 

必ず返信するのはお約束できませんが、全てに目を通しています。

おすすめ就職支援サービス

まず、本書の節約術をスムーズに実行する為に必要なことは、最低でも年収300万円前後の安定した収入を得られる環境に居るかどうかです。

 

まだその要件を満たせていない人は、転職エージェントや就職サポートをしてくれるサービスを利用して、しっかり働いて稼いでください。

 

具体的には、

    • 年収240万円の安月給な正社員
    • 年収180万円のフリーター
    • 年収0円のニート

     

    もしも、あなたがこれらと似たような状況なのであれば、正直言うと本書の節約術よりも先に処理すべき重大な問題を抱えているので、まずは安定して年収250~350万円程度を得られる定職に就くべきだと思いますよ。

     

    今回はそういった人達におすすめな就職支援サービスを僕なりにまとめておいたので、ぜひ自分でも調べて、興味があったら登録をしておいて下さい。

     

    ながたき
    まずは仕事の環境から整えていきましょう!

     

    20代の業界職種未経験者向けサービス

    まず、20代で業界職種未経験の転職を目指す人は、マイナビジョブ20's一択だと思います。

     

    これは、ブラック企業の正社員だったり、フリーターだったりで、すぐに辞めて新しい転職先を探す20代にはピッタリと言えるサービスでしょう。

     

    ながたき
    ハローワークで失業給付を貰ったり、職業訓練を受けたりするのも忘れずにやると良いでしょう。

     

    僕も実際にマイナビジョブ20'sを使って転職を成功させたこともあるので、「人並みの年収でとりあえず働ける場所があればそれでいい」と考えている人におすすめ出来ます。

     

    逆に、前職のキャリアを活かした転職をしたいと考えている人にはおすすめ出来ません。

     

    同じエージェントサービスであるマイナビエージェントと名前は似ており、20代の方であれば実際に紹介される求人もある程度被ってしまいます。

     

    ながたき
    運営している会社が違ったり、紹介される求人の幅が違ったりはしますが、それらについて詳しく知りたい人は、自分でも調べてみると良いでしょう。

     

    しかし、マイナビジョブ20'sの方が名前の通り、より20代の若手をポテンシャル採用したい企業の求人が集まっているので、20代の方はこちらをメインに使っていくのがベストだと思います。

     

    ながたき
    僕自身はマイナビエージェントも、マイナビジョブ20'sも両方利用していましたが、書類選考の通過率は、少しだけマイナビジョブ20sの方が良かったですね。

     

    エージェントに自分の就きたい仕事を相談するだけなら、全て無料で出来ますし、話すだけでも今後のキャリアの方向性が見えてくると思いますよ。

     

    マイナビジョブ20's

     

    ニート・フリーターが正社員として就職する為のサービス

    次に長期間のニート・フリーターが使うべき就職支援サービスをいくつか紹介します。

     

    既卒向けの就職支援サービスは数がたくさん多いので、有名どころをいくつか紹介しますね。

     

    既卒・第二新卒向けのエージェント
    • 就職Shop
      運営元がリクルートで、求人数が8500と非常に多く、アドバイザーも優秀なのでおすすめですね。
    • ウズキャリ
      口コミは就職Shopよりも良く、自分の経歴に近いようなアドバイザーが在籍しています。
    • ハローワーク
      言わずと知れた公共の職業安定所です。長期間ニートだった人は、求人の質にこだわらず、まずここに行くのもアリですね。

     

    僕自身再就職活動をしていた時期があったのですが、その時にDYM就職を利用した事があります。

     

    まぁ、物流系の管理職、施工管理や警備、営業などと言った仕事をいくつか紹介されましたね。

     

    施工管理技士や自動車製造を募集している会社から内定を貰うことが出来ましたが、いろいろあって蹴りました。

     

    ながたき
    手に職を付けて高給取りを目指すという点だけで見れば、施工管理はかなり良いですね。
    まぁ僕には合いませんでしたが(笑)

     

    こういった既卒向けのエージェントは、30代や40代で特にこれといった経歴が無いような人も利用しており、エージェント曰く「自分の経歴に自信が無い人がよく登録している」とのことでした。

     

    既卒向け何を使えば良いか分からない人は、就職Shopかウズキャリのどちらかを登録して、話を聞いてみるのが良いと思いますよ。

     

    ながたき
    ハローワークも忘れずに!!

     

    短期間でがっつり稼いで貯蓄したい人向けの就職支援サービス

    最後に、短期間でがっつり稼いで貯蓄したい人にお勧めなサービスを紹介します。

     

    ながたき
    正直言うと、書籍の節約術をフルに活かせる仕事と言えば、これしかないんじゃないかと思いました(笑)

     

    その仕事とはズバリ、製造業・工場での仕事です。

     

    ただ、この記事を見ている人の中には、もしかしたら製造業や工場を経験して「肉体的にキツ過ぎてすぐに辞めた」という人も居るかもしれません。

     

    とはいえ、体がしっかりと動かせて、スキルの無い人が短期間でしっかりとお金を貯めて行きたいのであれば、製造・工場での仕事はぴったりと言えるでしょう。

     

    製造や工場系の仕事が貯蓄に向く理由
    • 年収が高くなりやすい
    • 20~40代の未経験からでも挑戦できる
    • 家賃水道光熱費が無料の寮が使える職場もある
    • 食事付きの職場もある
    • 期間工なら、契約期間がフル満了したらすぐに失業給付を貰える

     

    どうでしょうか。

     

    ただでさえ若手サラリーマンよりも年収が高いのに、家賃水道光熱費は無料で、固定費はほとんどかからないので、無駄遣いさえしなければお金はたくさん貯まりますよ。

     

    中には期間工で働いて、3年で1000万円を貯金する猛者も割とゴロゴロ居るぐらいです。

     

    ながたき
    製造や工場は当たり外れ向き不向きの差が大きいので、詳しくは自分でも調べてみて下さいね。

     

    僕自身学生の時に、ガラケー製造工場で夜勤のライン作業をやっていた時期がありましたが、立ちっぱなしで機械の如く同じ作業をするだけだったので、非常に楽でしたね。

     

    期間工のようなきつい作業はそう簡単にはいかないと思いますが、僕と同じようなタイプの人には非常におすすめです。

     

    ただし、そういった仕事にもデメリットはいくつかあります。

     

    製造や工場系の仕事のデメリット
    • 単純作業の繰り返しで、市場価値の高いスキルが身に付かない
    • 健康で体力や忍耐力がそこそこある人じゃないと続かない

     

    先ほども言ったように、職場によって当たり外れがありますし、人によって向き不向きもあります。

     

    そして、スキルが何も身に付かないというのが最大の欠点と言えるでしょう。

     

    ながたき
    体力や忍耐力を付けたい人には良いんじゃないでしょうか(笑)

     

    「今は短期的にお金さえ貯められればそれでいい!」と考えている人は、ぜひ期間工に挑戦してみる事をお勧めします。

     

    そして、プライベートの時間では、自分でスキルを磨いて副業をするのが、今後の安定に繋がると思いますよ。

     

    詳細が気になる人は、「期間工」や「工場勤務」について、自分でも調べてみると良いでしょう。

     

    おすすめの工場特化型求人サイト
    • 期間工.jp
      期間工・期間従業員専門の求人情報サイト。期間工として働くならここで探そう。
    • コウジョウ転職
      期間工や20~40代の未経験者にお勧め。工場・製造業の正社員転職サービス
    • 工場求人ナビ
      工場系のお仕事情報サイト。正社員・契約社員・派遣社員などのいろいろな求人を扱っている。

    ながたき
    まずは、環境を整えていきましょう!
    それさえ出来れば、誰でも簡単に年間100万200万なら貯金出来ます!

     

    本書で紹介した、節約におすすめの商品やサービス

    次に本書で紹介した節約におすすめの商品やサービスについて、簡単にまとめておきました。

     

    これらを駆使して、自分なりの最適な家計改善を行っていきましょう!

     

    というか、基本的にサービスといえるサービスってあまりないんですよね。

     

    電気会社の切り替えや家や自動車の売却査定はあまりわからないですし、節約をもっと簡単にするアイテムとかも僕は無いと思うので、そういうのは各自で調べると良いでしょう。

     

    何か新たに情報があれば追記させていただきます。

     

    格安SIM

    通信費を抑えるためには、格安SIMの契約が必要不可欠です。

     

    下記の記事にておすすめの格安SIMをまとめているので、チェックされると良いでしょう。

     

     

     

    食事

    僕は実家に居る間はよくこれを使っていました。

     

    同じ形状のものだと、レビューが低い商品も結構多いので、不安な人は下記のリンクから別の商品を探すと良いでしょう。

     

    https://amzn.to/3nkfWQ2

     

    あとは、GoogleマップやSiriなどで近くに安いスーパーがないか探してみましょう。

     

    業務スーパーであれば、業務スーパー店舗地図.comでも検索できます。

     

    娯楽費

    書籍でも書いておりますが、これから娯楽費を大幅に削りたいなら下記の2択です。

     

    1. お金がかからない趣味を持つ
    2. 今の趣味をお金がかからない方法で楽しむ

     

    1は僕のパターンですね。

     

    ちなみに僕はアニメやゲームが大好きです。

     

    あと、クソどうでも良いかもしれませんが僕が好きなアニメについては下の記事でも紹介しているので、興味がある人は覗いてみてくださいw

     

    2については各々で考えて編み出すと良いでしょう。

     

    おすすめ書籍

    本書を読んで、節約の環境をある程度整えた人は、以下の書籍を買ってみてはいかがでしょう。

     

    お金の勉強をこれから初めてやる人には一度読んでほしいかと思います。

     

    保険が要らないことは知っていましたが、その後で解説されていたインデックス型投資信託の解説は非常に秀逸で、3年前の「投資=全て危険なもの」と感じていた僕の背中を押してくれました。

     

    節約や稼ぐ方法、資産運用の具体的なノウハウについて体系的に学びたい人にはおすすめです。

    僕自身は独身なので民間保険は自動車や自転車のもの以外全部不要だと思っていましたが、この本を読んで、火災保険はコスパいいなーと感じたので、本書でもちょこっとだけ火災保険に触れさせてもらいました。

     

    僕が20歳の時にこの本の著者を知ってすぐの時に、この本が発売されました。

     

    僕自身も学生時代にはこういう若くして隠居生活というのもアリなんじゃないかと漠然と考えていたものの、とても現実的ではないと思っていましたが、まさかそれに近いことを実践されて出版までされている人がいるのは驚きましたね。

     

    他にもphaさんが出版している「ニートの歩き方」も個人的にですがなかなか心に響きました。

     

    そして、会計の知識がまだ無い人には、簿記の勉強をおすすめします。

    具体的には日商簿記3級の資格試験に挑戦して合格できるレベルの知識があれば、十分といえるでしょう。

     

    簿記の知識を覚えるべき理由は、今後副業で稼いでいきたいなら絶対に身につけるべき知識だからです。

     

    中にはバリバリ稼いで税理士に税務を丸投げをする経営者もいますが、多くの人に真似できることではないので、僕は着実に簿記の知識を身につけることをおすすめしています。

     

    また、YouTubeでも簿記の発信をされている方が居られるので、テキストだと学習しづらい人は動画でも勉強するといいでしょう。

    https://www.youtube.com/channel/UCGDec349YIziUytZzc3d7Yg

     

    簿記3級の勉強ですら挫折してしまう人が、副業で稼いで自分で青色申告をして税金を納めるのは至難の業でしょう。

     

    これから副業をやってみたいと思っているけど、簿記の知識が全くない人は、腕試しとして挑戦をしてください。

     

    また、他にも僕が過去に読んでおすすめできると思った書籍は以下の記事でまとめており、随時更新していくので興味があればチェックしてみてください。

     

     

    貯蓄した後にやるべきこと

    貯蓄した後にやるべきことは書籍内でも記載しておりますが、やはりお金を稼ぐためのスキルを身につけるべきだと思います。

     

    具体的には、上記の書籍を読んだり、簿記の勉強をしてみたりするのがおすすめです。

     

    ある程度余剰資金がある人や、月5万円以上を貯金できる人は、簡単な資産運用をやってみてもいいですね。

     

    こちらの記事で簡単に始められる資産運用を紹介しております。

     

    ただ、なんでもかんでもいろんな副業や資産運用に手を出すのは手間が増えると思うので、素直にSBI証券か楽天証券の口座を開設して、そこでつみたてNISAやiDeCoの口座を開設して、インデックスファンドに投資をすればいいんじゃないでしょうか。

    もうネタバレしていますが、こちらの記事でおすすめの証券口座も紹介しておりますので、一度チェックしておくと良いでしょう。

     

    まとめると、

    • 簿記の勉強やお金に関する勉強
    • つみたてNISAとiDeCoでインデックスファンドに毎月定額積立

    この二つを試しにやってみて、どちらもクリア出来たら、副業や他の資産運用にチャレンジするのがベストだと思いますよ。

     

    何か感想や質問事項があれば問い合わせをしていただけると幸いです。