金のなる木

 

カスタキマン
カスタキマンです。
この記事では、ソーシャルレンディングの基本的な仕組みとやり方、リスク回避策からおすすめの投資事業者まで徹底解説しています。

 

この記事で分かること
  • ソーシャルレンディングという投資の基礎
  • ソーシャルレンディングの危険性とその回避策
  • 比較的安心のソーシャルレンディング事業者

 

ソーシャルレンディングとは、
基本的に年利回り5~10%を簡単に狙える、
堅実的な投資方法です。

 

カスタキマン
こちらの動画を見ていただけたら、仕組みを簡単に理解出来ます。

 

 

これは、ソーシャルレンディング事業者の一つである、
maneoが公開している動画です。

 

仕組みは、動画で解説されている通り、
お金を貸したい僕たち個人から資金を集めて、
お金を借りたい企業に融資するという、
他の投資方法とは一線を画すサービスです。

 

ソーシャルレンディングの仕組みを画像でも解説!

マネオ

カスタキマン
貸したお金は運用期間満了時に全額返済されます。
金利は分配金として、月割りで毎月貰える場合が多いですが、
事業者や案件によっては一部例外があるので注意してください。

 

資産運用に興味があるものの、
株やFX、不動産等はハードルが高くて始められず、
逆に、保険や定期預金などは金利が低過ぎる中で、
その中間的なものを探している人にはピッタリな、
資産運用方法と言えますね。

 

カスタキマン
ソーシャルレンディングよりも
簡単に作れる不労所得は、
僕の知る限り存在しません。

 

とはいえ、ソーシャルレンディングも万能ではなく、
お金を貸すという行為なので、リスクがあり、
あくまで元本保証の無い金融商品です。

 

カスタキマン
他の投資よりは安定していますが、
どの投資にも絶対は無いことを覚えておいて下さいね。

 

そこで今回の記事では、
ソーシャルレンディングのリスク回避策と、
今登録すべきおすすめの事業者を紹介します。

ソーシャルレンディングにおけるリスク

リスク

ソーシャルレンディングは、
ネット上で資金を募集して、
企業に対して間接的にお金を融資します。

 

カスタキマン
本質的にはサラ金や銀行がやっていることと同じことをしている訳ですね。

 

つまり、考えられるリスクというのは、
必然的にそれらと似通っており、
ソーシャルレンディングにおけるリスクは、
主に以下の4つになります。

ソーシャルレンディングにおけるリスクは4つ!
  1. 貸したお金が返って来ない貸倒れリスク
  2. 返済が遅れる返済遅延リスク
  3. 運用中は絶対に下ろせない流動性リスク
  4. 円高で元本が割れる為替リスク

 

当然、貸したお金が返ってこない、
予定していた日時に返ってこない、
返ってくるまではそのお金は使えない、
海外の案件で運用した場合は為替リスクもあるなど、
そういったリスクもある事は理解しておいて下さい。

 

ソーシャルレンディングにおける分散投資の重要性

分散

 

ソーシャルレンディングは、
ネット上で、僕たち個人が企業に対して、
お金を貸して、その金利で稼ぐことが出来る、
今までには無い投資方法というだけでなく、
他の有名な資産運用と比較しても安定しており、
僕の知る限り最も堅実的な資産運用方法です。

 

しかし、さっきも言ったように、
お金を貸すことで発生するリスクはあります。

 

なので、そういったリスクを大きく下げる方法を覚えておいて下さい。

 

ソーシャルレンディングは、事業者選びこそが最重要項目

ソーシャルレンディング自体は、
ほとんどの事業者が貸倒れ0件の実績を持つので、
究極なことを言うと、適当に事業者を選んで、
適当に案件を選んでも高確率でお金は増えて
返ってくる可能性の方が高いです。

 

しかし、ソーシャルレンディング自体は、
まだまだ実績の浅い事業者が多い上に、
法整備もまだ不完全と言えるサービスです。

 

中には、借手が非公開ことを悪用した事業者や、
大規模な返済遅延を起こした事業者もあり、
それによって、信頼を失ったこともあります。

 

だからこそ事業者選びというのは、
ソーシャルレンディングで投資し続けていくなら、
最も慎重に行うべき項目になります。

 

ソーシャルレンディングの事業者も、
現在では20社を超えます。

 

さらに、多くの事業者がベンチャー企業であり、
「この企業にお金を貸してもいいのか」
と考える事は必然でしょう。

 

ソーシャルレンディングにおける最大のリスクは、
投資する事業者を間違えることに他なりません。

 

カスタキマン
優良な事業者を選んで投資すれば、
さっき言った4つのリスクをコントロールすることが可能ですよ。

 

複数の事業者に登録して資金を分散させる

ただし、優秀な事業者を一つ選んで、
そこに投資するだけではリスクが大きくなります。

 

優秀な事業者で、かつそれを複数選んで、
資金を分散して投資することで、
初めて損するリスクを減らすことが出来るのです。

 

これは、ソーシャルレンディングに限らず、
株式投資などにおいても鉄則となる考え方です。

 

だから、分散投資の重要性もしっかり理解しておいて下さい。

分散投資の例

一つの事業者に100万円投資するのでは無く、
優良な5つの事業者に登録して、
20万円ずつ分けて投資をする、
そして、それぞれの事業者においても、
20万円を複数の案件に分けて投資をする。

 

実際、事業者によって資金募集の頻度の違いや、
投資先や利回りの偏りがあるため、
この例のように綺麗にはなりませんが、
考え方としてはこの通りです。

 

カスタキマン
分散させることによって、
仮に一つの事業者が倒産しても、
他の4社が生きているので、
損失をカバーしやすくなるのです。

 

僕が投資の際に参考にしていること
  • 貸倒れ件数の実績
  • 返済遅延の頻度が少ないかどうか
  • 貸付金の規模や、事業者の規模
  • 投資先の国や案件の性質

 

僕はこれを基準に投資先を分散しています。

 

貸倒れや返済遅延頻度はもちろん、
貸付金や事業者の規模も言わずもがなでしょう。

カスタキマン
ただ分散させたら良い話ではなく、
良い事業者に絞っていくつかに分けることが大事です。

 

投資案件ごとに分散投資をすることを徹底する!

さらに僕が分散投資において考えていることは、
投資先の国や案件の性質なども考慮し、
自分の好みで資金を分散
させていくことです。

 

例えば、投資する事業者を分散していても、
投資先が都内の不動産に偏っていた場合
都内で大規模な地震が起きてしまったら、
投資した資金の大半が回収不可能になり得るので、
結局分散投資の意味を成していないということになるのです。

 

分散投資する案件の例
  • 都内の不動産
  • 風力発電
  • 中小企業支援ファンド
  • 海外の不動産
  • 太陽光発電
  • 起業家支援ファンドetc

 

このように投資先の国や案件の性質ごとで、
資金を分散させていけば、万が一のことがあって、
最初の外れを引いてしまう確率は高くなるものの、
他できっちり黒字運用していくということが可能になります。

 

カスタキマン
少額から投資出来る性質上、
案件や事業者ごとの分散投資がしやすいですね。

 

僕がソーシャルレンディングを、
ローリスク・ミドルリターンと言っているのは、
堅実に利益を積み重ねられる性質を持ちながら、
損失を防ぐ投資を誰もがしやすいからです。

 

ソーシャルレンディングの事業者でおすすめ5選!

事業者

ソーシャルレンディング事業者で、
おすすめの事業者を紹介していきますので、
ただ単に分散投資をすれば良いのではなく、
元々信頼性の高い事業者に絞った上で、
その中でさらに複数の案件に分散投資をしていくという考え方を忘れないようにしてくださいね。

 

カスタキマン
今回の記事では、
特に手堅いと言える事業者を紹介していきます。

 

オーナーズブック

オーナーズブックとは、
日本の不動産に特化したソシャレン事業者です。

 

OwnersBook

利回りは年利約5%と、
ソシャレン事業者の中では低い方ですが
実績としては貸倒れや返済遅延は0件で、
どの事業者よりも堅いと言えます!

 

また、この「オーナーズブック」を運営している、
ロードスターキャピタル株式会社は、不動産業を営んでいますし、マザーズ市場に上場もしています。

 

そういったプロが選んでいる案件であることと、
上場しているという点で信頼性が高いですね。

 

1万円から始める不動産投資

 

 

クラウドクレジット

クラウドクレジットは、
海外の案件に特化した事業者で、
利回りは多くの案件が10%前後と、非常に高利回りとなっています。



利回りが高ければ、リスクが高いんじゃないか?と思われるかもしれませんが、
クラウドクレジットは、現時点で貸倒れは0件の実績を持ちます。

 

カスタキマン
ただし、返済遅延は多少起こしているので、投資資金や投資する案件はしっかり考えてから判断してくださいね。

 

後は、為替変動リスクがあるので、
とにかく損を避けたい人は、為替ヘッジありの案件を中心に投資するなど、
上手く分散投資をしましょう!

 

高利回りの海外へ分散投資

 

クラウドバンク

クラウドバンクは、中小企業への融資案件から、
太陽光発電や風力発電といった、
エネルギー関係の案件まで扱っている事業者です。

 

クラウドバンク

平均利回りは6.99%で、
貸倒れは0件の実績を持ちます。

 

カスタキマン
もはやソシャレン事業者は、
特別な事情が無い限りは、
貸倒れ0件というのが当たり前と言っても過言では無いですね。

 

利回りも平均的で、
最低投資資金は1万円ですが、
投資額を1000円単位で調整出来るのが強みです。

 

さらに、募集頻度が非常に高く、
大体いつ見ても募集中の案件があるので、
オーナーズブックやSBIなどと違って、
資金を回転させやすい点が強みです。

 

カスタキマン
効率良く利益の再投資を行い易いですね。

 

また、海外案件に米ドルで投資することが出来て、
利益も米ドル用の口座で受け取ることが出来るので、
為替リスクを負わずに済むのも他には無い強みです。

 

ソシャレン業界唯一の証券会社

 

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングとは、
金融業界大手のSBIグループが運営しているソシャレン事業者です。

 

SBIソーシャルレンディング

 

SBIソーシャルレンディングは、
個人への貸付から撤退して以来、
貸倒れの可能性は大きく下がり、
業界最大手の信頼性を持っています。

 

また、利回りは3%~10%と比較的高めで、
僕自身がソーシャルレンディングを知ったきっかけも、
このSBIソーシャルレンディングがあったからです。

 

中小企業が多いソーシャルレンディング業界は、
さっきも触れた事業者リスクが懸念されますが、
SBIソーシャルレンディングは、
その点に関しては高い安心感がありますね。

 

カスタキマン
僕が初めて投資をした時は、
投資案件の競争率が高く、
他の事業者の存在も知らなくて、
いきなり100万円を一つの案件に突っ込んだことがありました(笑)

 

そんなことをしなくても、
他に投資先はたくさんあるので、
案件や事業者を複数選んで、
資金の分散投資を心がけた方がいいですよ。

 

ただ、長いこと投資をしている僕も、
ガンボジア向けのローンファンドや、
利回り5%未満の案件に関しては、
リスクの高さやリターンの低さを考慮して、
一切手を出していません。

 

リスク・リターンのバランスが良い案件への
分散投資を行いたい場合であれば、
素直に他の事業者に分散投資すべきだと思っています。

 

カスタキマン
ただし、SBIだからという理由で妄信して集中投資するのは避けることをおすすめします。

 

実際、企業向けの案件では、
業界初の貸倒れを起こしています。

 

カスタキマン
正直、この貸倒れが無ければ、
最もおすすめする事業者として1番最初に紹介していました。

 

以前まで業界最大手であったmaneoも、
大規模な返済遅延を起こしてからは、
僕を含めた多くの投資家の信頼を失いました。

 

SBIは今回貸倒れを起こしてしまったものの、
ここで紹介している理由は、
やはりそれでも信頼は高いということと、
きっちり分散投資を心がけていれば、
大きな利益と小さな損失を通算して、
トータルではちゃんと利益を出せるからです。

 

カスタキマン
ただし、焦付きがある事業者がどうしても怖いというのであれば、
これまでに紹介した他の事業者をおすすめします。
僕は今のところ、これからもSBIの案件には投資していくつもりです。

 

総合金融グループが運営する事業者

 

Funds(ファンズ)

Fundsとは、
他のソーシャルレンディング事業者とは違った、
新しい貸付ファンドのプラットフォームになります。

 

これまでに紹介したソーシャルレンディングでも、
やはりリスクが高いと感じる人は、
Fundsで投資してみることを考えてみてはどうでしょうか。

 

ほとんど同じですが、
平均の利回りは少し下がる代わりに、
リスクも低くなる点がこれまでのソーシャルレンディングと違います。

 

カスタキマン
Fundsについては、
こちらの記事で僕が詳しく解説しています。

 

まとめ

ファイナンス

ソーシャルレンディングという投資商品は、
元本保証のある商品では無いものの、
事業者選びと投資方法さえしっかりしておけば、
よっぽどのことが無い限りは損をしないです。

 

この記事では、
特に信頼性の高い事業者を紹介しました。

 

他にも、おすすめ出来る事業者はありますし、
僕自身も投資は行っていますが、
まず何から投資したらいいかわからないという人は、
この記事で紹介した事業者に登録することが無難ですよ。

 

ソシャレンをおすすめ出来る人
  • 堅実にこつこつと資産形成を行っていきたい人
  • 投資は難しいと思って運用を諦めている人
  • 普段忙しくて投資の勉強が出来ない人
  • 他に投資の経験者で投資先を広げたい人

 

このように、基本的には、
誰にでもおすすめ出来る投資方法です。

 

絶対に儲かるとまではならなくても、
安定して儲かるとまでは言えます。

 

ただし、株やFXのように、
一攫千金を狙うことは出来ません。

 

あくまで5~10%の金利を少しずつ、
堅実に積み重ねていく投資方法です。

 

ローリスクに運用する方法を身につけた今、
良くも悪くも、それなりのリターンになる投資を、
後はやるかやらないかです。

 

もし投資したい案件があったとしても、
あらかじめ会員登録して口座開設をしておかなければなりません。

 

カスタキマン
口座開設は無料で出来ますので、
今から開設しておいても損は無いですよ。

 

人気の案件が出た場合は、
募集開始から一瞬で満額達成して、
募集終了してしまうこともざらです。

 

いざという時のチャンスを逃さないために、
特に重要なソシャレン口座については、
先に開設しておくことをおすすめします。

 

今すぐ無料で口座開設!
不動産特化型ソーシャルレンディング事業者
・OwnersBook 公式サイト
高利回りの海外案件へ分散投資
ソシャレン業界唯一の証券会社
総合金融グループが運営する事業者
・SBIソーシャルレンディング

低リスクに上場企業へこつこつ投資
・Funds

 

「数が多すぎて、全部登録するのはちょっと・・・。」という人には、最初はクラウドバンクに登録してみることをおすすめします。

 

理由は、目立つ欠点が無いことと、案件が豊富で基本的にいつでも投資出来るという強みがあるからですね。

 

 

こちらの記事でもクラウドバンクの強みを詳しく解説していますので、興味があれば見てみるといいですよ。

 

慣れてきたら、他の事業者にも登録して、分散投資を行い、堅実に資産を増やしていくのがいいと思います。僕自身も最初はSBIソーシャルレンディングの口座を開設して、慣れてから他の事業者の開設を行いました。

 

ここまで読んで貰えたら、ソーシャルレンディングの基本的なやり方やリスクとその回避策については理解出来たかと思います。

 

後は焦らずに、少ない資金から実践しながら、知識も付けて、慣れてきたら少し大きく投じてみるといった風にするといいですね。

 

例えば、株や仮想通貨は、適切なタイミングで適切な銘柄を買わなければ大きな利益を上げることは出来ないので、急いで知識や経験を積み、時にはリスクを承知で、大きく投じる必要があるかもしれません。

 

しかし、ソーシャルレンディングは非常に再現性が高く、良くも悪くも、いつ投資しようが結果は変わらないです。だからこそ、焦らずに少ない資金から参入して、少しずつ慣れていけばいいわけです。

 

ですが、一番やってはいけないことは、「なんかめんどくさいな」と感じて何も行動せずに終わってしまうことです。

 

当然ですが、行動をしなければ成長は出来ません。
少ない資金で簡単な運用でもいいから、
何かしら経験してみることで「お金に対して真剣に向き合った」と感じ、少しずつ成長することが出来るのです。

 

カスタキマン
大事なのは行動を起こすことですね。

 

今回の記事はこれで終わりです。
ソシャレンが自分には合わないなと感じた人は、自分に合ったやり方を見つけて運用していってくださいね。

ローリスク・ミドルリターンを安定して出す次世代の資産運用とは

たったの1万円から投資出来る気軽さを持ちながら、
年利5~10%を誰でも安定して出し続けられる「ソーシャルレンディング」をご存知ですか。

 

口座開設も無料で出来るので、誰でも簡単に「もう一つの収入源」を作ることが出来ます!