退職代行サービスとは何か?利用する際の注意点まで徹底解説!

こんにちはナガタキマンです。

 

今回の記事では、最近流行りの退職代行サービスについて解説をしていこうと思います。

 

退職代行サービスとは・・・?
依頼者の退職の意思を依頼者に代わって会社に伝え、退職を支援するサービス

 

つまりは、やばい会社で働いている人が、「確実に会社を辞めたい」と思った時に使う切り札と言えるようなサービスです。

 

ナガタキマン
ブラック企業に限らずとも、単純に辞めたいけど、会社にどうしても言い出せないような人にも一定のニーズはありますね。

 

今回の記事では、そんな退職代行サービスについてまとめているので、どうしても会社を辞めたい!と思っている人は、本気で利用する事を検討して下さい。

 

ナガタキマン
一番良いのが、「辞める」と伝えて、そのまま会社が了承して、出来る限りの引き継ぎを行って円満退社という当たり前の流れですが、そうも行かない企業が多いのが現状です。

 

退職代行サービスとは?

退職代行は、その名の通り、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

 

2018年辺りからサービスを行う業者や弁護士が急増しましたが、正直、こんなサービスがビジネスとして成り立つ時点で、日本の労働環境や人間がいかに終わっているかが分かりますよね。

 

基本的に、労働者には退職の自由が保障されているので、2週間前に退職届を出せば、いつでも合法的に会社を辞める事が出来ます。

 

しかも、詳しい説明は割愛しますが、有給休暇が残っていない状態で、退職届を出して、その次の日から欠勤をして2週間後に正式に退職扱いにするという事も可能なぐらい、労働者はいつだって辞める事は可能なのです。

 

ナガタキマン
契約社員だと契約期間の都合で、自由に辞めるのが難しい場合もありますが、正社員の方であれば、好きな時に辞める事が出来ます。

 

しかし、日本の企業では、退職の意思を伝えた労働者に対して、在職を強要してきたり、脅しや嫌がらせをして退職を強制的に撤回させようとするところもあります。

 

退職の引き止め事例
  1. 完璧に引き継ぎを行うまでは辞めさせない
  2. 退職届は受け取らない
  3. 今辞めるなら損害賠償を請求する
  4. 一方的に退職しようとするなら懲戒解雇にする
  5. 今辞めるのは無責任だ
  6. 昇格する事も考えたるからまだ辞めない方が良いぞ
  7. 雇ってくれた会社に恩義は無いのか!?

 

僕も結構在職を強要されましたが、気にする必要は無いでしょう。

 

ナガタキマン
本当に追い詰められていて、周りに誰も相談出来る人が居ないという人は、僕でよければ話も聞きますので、問い合わせフォームから連絡頂ければと思います。

 

 

参考までに、他の方がアップしたYouTube動画になりますが、退職代行の事を漫画で分かりやすく説明している動画や、退職代行SARABAの中の人に質問をされている動画もありましたので、少し長いですが、興味があれば見てみて下さい。

 

ダヴィンチのひまつぶし氏の動画

 

やまもとりゅうけん氏の動画

 

これらの動画を見たら、退職代行がどういったサービスなのか、どういった人が依頼しているのかは大体理解出来るかと思います。

 

自分の代わりに退職の意思を伝えてくれたり、退職に必要な手続きを一部代行してくれるので、どうしても辞める必要があるのであれば、使った方が良いでしょう。

 

おすすめの退職代行サービス3選
  • SARABA(サラバ)
    労働組合所属なので、会社との交渉も可能
    費用:27,000円(追加料金なし)
  • EXIT(イグジット)
    転職エージェントサービスも行っており、転職成功したら退職代行費用キャッシュバック
    費用:50,000円(アルバイト30,000円)
  • 弁護士
    法律の相談や会社への交渉や手続き等、代行業者が出来ない事も全て依頼出来る
    費用:5万円前後

 

退職代行サービスで会社を辞めるメリット・デメリット

退職代行サービスを使って会社を辞めるメリットは大きく、僕からしても、現代においては非常に存在意義のある事業だと思っています。

 

退職代行サービスのメリット

まずは、退職代行サービスのメリットから紹介します。

 

退職代行サービスのメリット
  • 自分の代わりに退職の意思を伝えてくれる
  • 会社を辞められない現状を打破出来る
  • 上司と一切顔を合わせずに退職が完了する

 

ざっとこんな感じでしょう。

 

自分で辞めると言い出せない人は、自分の代わりに会社に伝えてくれるので、上司が凄くやばい人であれば、使った方がいいでしょう。

 

また、上司に辞める事を伝えても、引き止めにあって、ズルズルと辞めるまでの期間を延ばされそうになったら、退職代行サービスを使う事を検討して下さい。

 

僕の場合は、最終出勤日が2020年4月6日で、それより前までに話を付ける事が出来たので大丈夫でしたが、4月6日の時点で「明日も必ず来い」とでも言われていたら、確実に弁護士の退職代行サービスを利用していました。

 

ナガタキマン
そこでも話がつかないようであれば、上司といちいち顔を合わせてバトルするよりは、弁護士が間に入った方が確実に話はつくと思ったからですね。

 

退職代行サービスを使わなければ話が進まないと思ったら、使った方が良いと思います。

 

退職代行サービスのデメリット

もちろん、退職代行サービスにも当然デメリットはあります。

 

退職代行サービスのデメリット
  • 金がかかる(3~5万円)
  • 100%退職出来るとは限らない
  • 損害賠償請求や懲戒解雇に注意

 

まず、お金がかかる事がデメリットですね。

 

一般の退職代行業者であれば、相場は3万円~5万円ほどですね。弁護士による退職代行サービスであれば、5万円前後で受けてくれます。

 

ナガタキマン
退職代行サービスも、一般の業者が行う物と、弁護士が行う物の二種類あります。

 

違いについては後で解説しますが、僕は利用するなら弁護士か、実績のある業者が行う退職代行サービスを利用する事をおすすめします。

 

決して安くはありませんが、どうしても会社を確実に辞めたい場合や、有給休暇の取得、退職金の事などについてのやり取りも、自分の代わりに対応してくれるからです。

 

ナガタキマン
それによって浮いた時間は、心身のリフレッシュをしたり、副業で稼ぐ為に勉強をしたり、転職先を探したりするのがいいでしょう。

 

中には1万円とかでやってくれる業者もあるみたいです。金額だけで否定する訳ではありませんが、さすがに安いからと言って、よく分からない代行業者に依頼するのはおすすめしません。

 

ならなら、代行費用をケチって、悪質な一般業者に委託してしまった場合は、会社との話もまとまっていないのに「もう会社に行かなくても大丈夫ですよ」等と言われて、実はただの無断欠勤しているだけの状態となり、会社から損害賠償を請求されるリスクもあります。

 

ナガタキマン
相当追い詰められているのであれば、代行費用をケチらずに、必要経費だと思って、3~5万円ほど払いましょう。

 

3~5万円払うだけで、今後の人生を大きく軌道修正する事が可能ですよ。

 

弁護士と一般の業者による退職代行の違い

それでは、先ほどチラっと触れた弁護士と一般の業者による退職代行サービスの違いについて説明していきたいと思います。

 

一般の退職代行業者が出来る事
  • 退職の意思を伝える
弁護士が出来る事
  • 退職の意思を伝える
  • 会社と退職時の条件交渉
  • 退職に関する法律相談

 

ざっとこんな感じです。

 

料金相場は、退職代行業者であれば3万円~5万円弁護士であれば5万円前後といったところで、大した差はありませんが、サービスとしては、弁護士の方が圧倒的に出来る事が多いので、執拗に在職を強要してくるレベルであれば、弁護士の退職代行を検討してください。

 

ナガタキマン
もし、ここで弁護士の費用が15万円とか30万円とかするのであれば、ちょっと話は変わっていたかもしれません。

 

単に「上司は優しいけど、辞める事がどうしても言いづらいなー」というレベルであれば、一般の代行業者を使うか、自分の力でどうにかした方が良いでしょう。

 

では、なぜ一般の業者と弁護士で出来る事に差があるのかというと、弁護士以外の人物が報酬目的で法律相談や第三者の代理・仲裁・和解を行うことができないという事が弁護士法で決まっているからで、ただの退職代行業者では、依頼者から法律の相談を受けたり、会社と有給や退職金、損害賠償などの件で対応したりといった事が出来ないからです。

 

ナガタキマン
代行業者は、あくまで代わりに伝えるだけですね。

 

例えば、退職代行業者が会社に、依頼者の退職の意思を伝えた後、「退職時期をずらしたりは出来ないのか!?」と会社が申した際に、「依頼者が2週間前に退職の意思を伝えた時点で退職は自由に出来ます」といった対応をしたら、弁護士法に抵触してしまう恐れがあります。

 

実績のある退職代行業者であれば、そこは分かっていると思うので、上手く対応してくれるとは思いますが、弁護士と比較すると、出来る事に制限があるので、お金に余裕があるのであれば、弁護士のサービスを利用した方が無難でしょう。

 

ナガタキマン
それに、退職代行業者なんて訳の分からないところからの電話よりも、弁護士事務所からの電話の方が、会社にはインパクトを与える事が出来るでしょう

 

一般の業者であれば、実績のあるところであれば大丈夫ですが、最近代行業者が増えてきているので、中には、先ほど言ったように、会社との話もまとまっていないのに「もう会社に行かなくても大丈夫ですよ」とだけ伝えて、お金だけ取る業者や、弁護士にしか出来ない事も引き受けている業者も居るみたいです。

 

やはり、退職代行は最近ニーズがある事が分かってから、新規参入者が続出しているのは確かなので、詐欺まがいの業者も結構紛れ込んでいるのかもしれません。

 

ナガタキマン
悪い事は言いません。弁護士か、実績のある業者にしておきましょう!

 

弁護士の代行でなくとも、SARABAなら、労働組合だから27000円で退職時の各種交渉までサポートしていますので、弁護士のサポートにかなり近い物になっております。

 

もちろん、弁護士ではないので、保険や書類の手続きは自分でやる必要があったり、裁判の代理人にはなれなかったりはしますが、単純に退職の交渉までを代わりにしてくれたらOKというのであれば、実績のあるSARABAで良いと思います。

おすすめの退職代行サービス3選
  • SARABA(サラバ)
    労働組合所属なので、会社との交渉も可能
    費用:27,000円(追加料金なし)
  • EXIT(イグジット)
    転職エージェントサービスも行っており、転職成功したら退職代行費用キャッシュバック
    費用:50,000円(アルバイト30,000円)
  • 弁護士
    法律の相談や会社への交渉や手続き等、代行業者では出来ない事も全て依頼出来る
    費用:5万円前後

ナガタキマンが退職代行サービスを利用しなかった理由

僕は、会社を辞める5か月前に、会社に辞める事を伝えましたが、最後の最後まで引き止められたので、本気で退職代行サービスを使う事を検討していました。

 

最終的に、僕がブラック企業に最終出社した日付は、忘れもしない2020年4月6日で、そのまま有給休暇を消化して5月15日付で退職する事が出来ましたが、結局退職代行サービスを使う事はありませんでした。

 

理由は、最後の最後まで自分の退職の意思を貫き通して、ついに上司が折れてくれたからです。

 

僕は予め2020年4月6日を最終出社日に決めていましたが、そこで終わりにしようとさせてくれなければ、弁護士の退職代行サービスを使っていました。(SARABAでも良かったかもしれません。)

 

その場合はぶっちゃけ、内容証明郵便で退職届を出してバックレる事も合法的に可能でしたが、お金を払って弁護士にいろいろと対応して貰う事で、有給消化や退職金に関する事で会社とのやり取りも任せる事が出来ますし、僕を精神的に追い詰めてきた報復として、会社の手間を増やすという事も出来ていました。

 

まぁ結局話が付いたので利用する事はありませんでしたが。

 

ナガタキマン
参考までに、僕が会社で辞める前に上司に言われた事リストを記載しておきます。

 

ナガタキマンが辞める前に上司に言われたやばい事リスト
  • 退職願いを出しても、会社がそれを認めへんかったら辞める事は出来ひんで?
  • 少なくとも後3年は会社に居らなあかんな。
  • 「法的には2週間前に退職届を出したら大丈夫」ってあっても、社則に違う事が書いてたら、そっちに従わないとあかんで?
  • 十分な引き継ぎもせずに4月で辞めたいって言うのはただの身勝手やで?
  • 引き継ぎが不足している状態で辞めようもんなら、会社都合の退職になるから退職金も出んで?
  • 辞めたいなら、退職日までに引継書を完璧に作らないとあかんで?
  • どうしても5月15日付けで辞めたいなら、有給消化せずに5月15日まで来たらええやん(笑)
  • 内容証明郵便で退職届送ってきても受け取らんかったらええやん?

 

他にもいろいろ言われましたが、この程度の引き止めであれば、自分の意思を最後までゴリ押しするだけでOKでした。

 

ナガタキマン
僕のパターンは、ギリギリセーフではありましたが、「退職代行サービスを使わない方が良い人」に当てはまると思います。

 

上司は、僕に労働関係の法律の知識が全く無いと思って、ただ引き止めるだけの為にこんなデタラメを言ってきたのだと思いますが、弁護士が間に入れば会社側の言い分で、法律が関わる分に関しては全て論破してくれるでしょう(笑)

 

実際に、会社の言い分は、法的な根拠は一切なく、むしろ損害賠償の請求や、在職の強要をする会社の方が違法なぐらいです。

 

ナガタキマン
社会人成り立ての頃の僕だったら、ここまで言われただけで委縮して、退職を断念していたかもしれませんが、貯金と副業の収入があったので、堂々と自分の意思を強く主張する事も出来ました。

 

やっぱり節約して貯金を増やしつつ、副業で会社への依存度を減らすだけでも、メンタルはかなり強くなれると思います(笑)

 

最終的にはお互いに円満解決(?)して、有給休暇も消化して、僕が決めていた日程で退職が出来ました。

 

ですが、僕のパターンでは、賠償金請求で脅されたり、セクハラをされたりした訳ではないので、もっともっと辛い状況の人もたくさん居るかと思います。

 

そういった人は退職代行サービスの利用を検討してください。

 

ナガタキマン
特に法的な面で脅されて在職を強要されている人は、今すぐ弁護士の退職代行サービスを利用しましょう。

 

会社に辞める事を言い出せないというだけの人や、僕のパターンよりも少し酷いぐらいのレベルであれば、弁護士でなくとも、一般業者の代行サービスで伝えるだけで十分かと思います。

 

もし「ナガタキマンのブログで退職代行サービスを知って、実際に利用したら上手く退職出来た!」という人が居たら、ぜひ僕に連絡を頂きたいです。いろいろ話を聞きたいですね!

 

最後に

退職代行を使うかどうかは別として、いま本当にブラック企業に精神的に追い詰められているという人は、家族や友人、転職エージェント等にその話をするだけでも少し気持ちは軽くなると思います。

 

ナガタキマン
以下の記事も参考にしてみて下さい。

 

 

もし誰も相談出来る人が居ないのであれば、僕も話を聞く事なら出来ますので、問い合わせのページからご連絡頂ければ、それなりのアドバイスは出来るかと思います。

 

 

明日会社に行くのも限界で無理だと言うのであれば、今すぐ退職代行を利用して下さい。
実際に家まで押しかけてきた場合等は、警察を呼んでも構わないと思います。

 

ナガタキマン
そもそも退職代行なんてのが流行りだす時点で、世も末ですよね・・・。

 

自分の人生は一度切りですし、残りの人生の中では今日が一番若い日なので、ブラック企業なんかとは、すぐにでも縁は切るべきだと思います。

 

おすすめの退職代行サービス3選
  • SARABA(サラバ)
    労働組合所属なので、会社との交渉も可能
    費用:27,000円(追加料金なし)
  • EXIT(イグジット)
    転職エージェントサービスも行っており、転職成功したら退職代行費用キャッシュバック
    費用:50,000円(アルバイト30,000円)
  • 弁護士
    法律の相談や会社への交渉や手続き等、代行業者では出来ない事も全て依頼出来る
    費用:5万円前後