クラウドバンクの特徴を個人投資家が詳しく徹底解説!

ナガタキマン
ナガタキマンです。
この記事では、クラウドバンクの特徴と、口座開設の手順を紹介していきますね。

 

ソーシャルレンディング事業者として、優秀な投資先の一つであるクラウドバンク。

 

この記事では、クラウドバンクの特徴と、口座開設の方法を紹介していきますね。

 

ナガタキマン
この記事を読めば、
なぜ分散投資先として優秀なのかが理解出来ますよ。

 

会員登録や維持費などは全て無料なので、「今はまだ投資をするか迷っている」という人も登録しておいた方が良いと思います。

ソシャレン業界唯一の証券会社

クラウドバンクの強み

クラウドバンクの利回りの平均は、年6.79%で、ソシャレン事業者の中では平均的と言える数字でしょう。

 

クラウドバンクは利回りだけ見れば平均的ですが、他の事業者と比較して、突出した強みがあります。

 

クラウドバンクをメインに投資しても、問題無いと言えるぐらいに堅実で効率の良い運用を行うことが出来ますよ。

 

貸倒れは0件の実績

クラウドバンクは現時点では、返済遅延は起こしたことがあるものの、貸倒れはずっと0件で運営し続けています。

 

また、担保や保証のある案件が多く、仮に1件目の貸倒れが発生しても、担保や保証で資金を回収出来る可能性が高いです。

 

ナガタキマン
元本保全性が非常に高いのが魅力的ですね。

 

投資額を1000円単位で調整可能!

クラウドバンクは、最低投資金額は1万円ですが、投資資金は、1000円単位で調整することが可能です。

 

1000円単位で投資額を調整出来るので、無駄が無く、効率的な運用が出来ますよ。

 

堅実な募集案件が豊富

クラウドバンクは、いつ見ても募集の枠が空いていることが多いです。

 

これは、比較的短期な案件で、頻繁に資金を募集しているからですね。

 

クラウドバンク 案件

ナガタキマン
ふと今案件を見に行っても、
4件の資金募集中の良い案件がありました。

 

これは非常に大きなメリットなのです。

 

なぜなら、僕が他におすすめしている事業者である、オーナーズブックは、投資案件の数が比較的少なく、利回りが低くても、人気の高い案件であるが故に、募集開始してもすぐに満額成立してしまって、投資出来ずに終わってしまうこともしばしばあります。

 

ナガタキマン
それは僕達投資家からすれば、
効率的に運用しにくいというデメリットになります。

 

また、クラウドクレジットも募集案件は豊富で、利回りも高いですが、海外の案件がほとんどです。

 

分散投資先としては非常に優れていますが、海外の案件が怖くて投資し辛いという人もいますし、基本的には為替リスクの影響も受けてしまいます。

 

クラウドバンクの場合は、比較的短期の、堅実な案件が良い感じで揃っているので、比較的安心して、効率的な資金運用を狙えます!

 

ナガタキマン
案件の分散投資も狙いやすいですね。

為替リスクの影響を受けない

2018年から、クラウドバンクは、米ドル建ての案件を扱い始めました。

 

この案件は、クラウドクレジットのように、

  • 為替リスクがあるから海外投資が怖い
  • 為替ヘッジ有りの案件しか投資出来ない

といった人でも比較的投資しやすいと言えます。

 

なぜなら、クラウドバンクは証券会社が運営しているため、米ドルの出金先口座を登録出来るからです。

 

つまり、米ドル建ての案件に投資して得た利益は、米ドルのまま保有することが出来るので、

円高だから両替はもう少し待つ。

という選択をすることが可能なのです。

 

海外の案件に分散投資するなら、クラウドクレジットの方が案件が豊富ですが、返済の際に、自動的に日本円に両替されてしまい、為替リスクの影響を受けてしまいます。

ナガタキマン
証券会社だから出来ることなので、
他の事業者には無いメリットです!

 

手数料がかかるのは入金のみ!

クラウドバンクは、投資する資金を振り込む時以外は、一切の手数料がかかりません!

 

当然、振り込む際も、振込手数料が無料の銀行口座等から振り込めば、一切の手数料を無料にすることが出来ます!

ナガタキマン
投資家に対する配慮が出来ているというのもいいですね。

これといった目立つ欠点が無い

クラウドバンクに関しては、僕が他におすすめするソシャレン事業者と比較して、これといった目立つ欠点が無いのが大きいです。

 

起こりうるリスクに関しては、全ソシャレン事業者共通のリスクぐらいで、後は、クラウドバンクという事業者自体がどこまで信用出来るかということになります。

 

確かに過去に何度か、行政処分を受けていたり、返済遅延も発生したりしていますが、いずれも、致命的といったものではありません。

 

現に、行政処分を受けても、きっちり業務改善を行って事業を継続していますし、貸倒れに関しては0%を継続しています。

ナガタキマン
・みんなのクレジット
・ラッキーバンク
なんかは行政処分を受けたことで、投資家の信頼を失ったソシャレン事業者です。
行政処分の内容とそれからの行動次第で、まだ信頼が復活するチャンスは残されているため、必ずしも行政処分を受けた=悪い事業者ということではありません。

まとめ

いかがでしょうか。

 

クラウドバンクは投資案件が非常に豊富で、投資したい時に大体募集している案件があります。

 

まずは堅実的な事業者から好きな案件を選んで投資してみたいという人にはおすすめの事業者ですよ。

 

そして、他の事業者と比較した場合、これといった大きな欠点はありません。

 

ですが、会員登録には数日ほどかかります。

 

会員登録や維持費などは全て無料なので、「今はまだ投資をするか迷っている」という人も登録しておいた方が良いと思いますよ。

ナガタキマン
良い案件が見つかってから会員登録を始めていては、登録完了するまでに募集を締め切ってしまう可能性がありますからね。
ソシャレン業界唯一の証券会社