ナガタキマンのプロフィール、過去、生き方を全部話します。

ナガタキマンです

このページは僕のプロフィールです。

宜しくお願いします。

簡単なプロフィール

名前:ナガタキマン

生年月日:1995年10月16日生まれ

趣味:アニメ、ゲーム

特技:節約

好きな物:お金

職業:無職

今までやってきたスモールビジネス
  • eBay輸入転売
  • BUYMA無在庫転売
  • 電子書籍出版
  • ブログ

元々は短大を卒業して、20歳の時に社会人として就職をしました。

 

しかし、22歳の頃、とある事件がきっかけで会社に絶望して、副業や資産運用を手当たり次第に始めました。

 

そこからさらに2年間失敗を繰り返しながら少しずつ成果が出てきて、会社の給料を超えるレベルの収入を得られるようになり、ブラック企業に就職して、累計4年で退職する事が出来ました。

 

そこからは自分の事業を伸ばしつつも、アニメ見たり、ゲームしたりと言った生活を楽しんでおります。

ナガタキマン
僕の自己紹介はこれで終わりです(笑)

 

僕がどういった人間か知りたい人は、これだけ知ってたら十分でしょう。

 

「ナガタキマン」は、ふざけたハンドルネームだとよく言われますが、僕自身オフ回等では普通に顔や実名は出しています(笑)

 

なぜナガタキマンと名乗っているのかと言うと、友人にそのあだ名で呼ばれているからというのもありますが、本名が至って普通なので、印象に残りやすい名前にしたいと思っていたというのもあります。

 

ナガタキマン
僕の過去から、現在の僕になるまでの経緯や、生きる際の思考に興味がある人は続けて読んでいって下さい。

 

生い立ち

僕は、アニメを見たりゲームをしたりするのが趣味なのですが、きっかけは保育園の時に見たドラえもんや、スーパーマリオブラザーズですね。

 

最高に輝いていた時期

僕自身、基本的にインドアな生活しかしておらず、家に帰っては一人でゲームして、小学5年の時に家族が購入したWindowsXPのパソコンを開いて、インターネットで遊ぶ事にはまっていました。

 

中学に進学してからも、ずっとYoutubeを見たり、ゲームをしたりするような生活で、ポケモンやロックマン、マリオなどに没頭していました。

 

高校の時には、AVAという戦争ゲーム、さらに、いろいろなアドベンチャーゲームにハマって、家に居る時間はずっとそれをしている時期もありましたね。

 

今思えば、人生で一番輝いていたなーと思っていた時は、紛れも無く、そういった「好きなことだけをやり続けていた時」でした(笑)

 

意外とチャンス到来だった出来事

そうして何も考えずに高校を卒業して、適当な大学か専門学校に進学するのかなーと考えていたのですが、いろいろあって、学費の安い職業訓練校みたいな短期大学へと進学することになりました。

 

ナガタキマン
正直、考えなしに四年制大学に進学していたら確実に人生詰んでいた気がします・・・。

 

そして、短期大学に進学してからは、まずは就職出来る可能性を高めるために、いろいろ資格を取るように先生に言われました。

 

僕自身もその時は、「勉強して、いい会社に入って、定年まで働くことが安定」という神話を盲信していましたし、何より、確実にいい会社に入社するためには、今まで遊んできた分を取り戻す必要があると思いました。

 

ナガタキマン
高校卒業した時点では、自動車免許すら一つも持っていなくて、履歴書には何も書けない状態で割と焦っていましたね(笑)

 

だから勉強に専念するために、その時やっていたバイトも辞めて、とにかく資格取得を中心に考えていました。

 

結果、卒業するまでに、合計10個以上の資格試験を全て一発で合格するぐらい集中してやっており、その努力を評価された訳では無いと思いますが、貿易関係の会社に就職を果たすことが出来ました。

 

 

とりあえず僕でも就職は出来たけど・・・

社員が1000人近く居るような、大企業とはいかなくても、中小企業の中ではかなり大きな企業に入社することが出来たので、「このまま事務総合職としてキャリアを築いて行くんだろなー」と思っていました。

 

やる仕事としては、デスクワークで、書類を作成したり、なんかいろいろしたりという風な事務職を想像していましたし、そういった仕事を任せることが、自分としても、会社としても最善だと思っていました。

 

そして2016年4月に配属先が決定した時、今まで積み重ねた物が全て崩れ去るような経験をしました。

 

自分がそこで任された仕事内容というのが、船内荷役の現場監督という、明らかに自分に一番合っていない仕事を任されたのです。

 

まず最初にやらされたことが、先輩と一緒に現場に行って、仕事を覚えるということなのですが、苦手な人ばかりな上に体力的にしんどいため、個人的には凄く厳しい環境だったので、「あ、一年と持たずに退職するわこれ。」という風に想定していました(笑)

 

そして、土曜出勤もありましたし、船から転落しかけたり、鉄板の間に挟まれそうになったり、何度か本当に死にそうになった時もありましたが、今こうして五体満足で生きています(笑)。

 

またしてもチャンス到来?!

どうしてもこの仕事内容や人間関係は、自分には合っていないということで、その時の上司に相談したところ、別の部署も人手が足りないなど、いろいろな要因が重なって、上手いこと新しい部署に転勤することが出来ました。

 

ナガタキマン
異動願いを出したらすんなり通ったワケですよ。

 

その新しい部署でやる仕事内容というのが、入社時点で想像していたような、地味なデスクワークなのです。

 

当然そこでは、学生時代に取得した資格も活かすことが出来ていますし、この記事を執筆した時点でもまだ働いています。

 

そこで働きながらも、日々漫画を読んだり、ペルソナ5やドラクエ11、地球防衛軍5といったPS4のゲームをしたり、PCでノベルゲームをたくさんやったりして、学生の時から想像していたような生活が出来ていたと思います。

 

そこから一年余り経過したら、有給も21日貯まってきたし、「消化して一気に遊び尽くしたいなー」と浮かれていました。

 

ナガタキマン
正直、ここで一年間思考停止した僕を殴りたいです・・・笑

 

副業・投資で稼ぐ事を決意した瞬間

そして、2017年12月29日17時
人生を180度変えるきっかけとなった超歴史的大事件が起こったのです。

 

それは、新しい部署の上司に
「有給は絶対に使わせない。」
と宣言されたことです。

 

上司
絶対に取るなとは言わんよ? でも言っとくけど、やる事いっぱいあるねんで? だからよっぽどの事が無い限りは取るなって言いたいな!

 

当時、実際にはこのような言い方をされましたが、要するに、「有給は絶対に使わせない」という事ですね。

 

ナガタキマン
この瞬間から、有給絶対封殺の刑だの、有給ホルダーだの、新しい言葉を生み出したほどのスーパー大事件でした。

 

そして、その割には給料は手取り14万という事実に耐えられなくなり、いろいろ副業や投資を勉強するようになったのが2018年の前半なのです。

 

元々お金を使う趣味がほとんど無かったため、その時点で貯金は400万以上出来ていましたが、支出を減らすというのはどう頑張っても0円という限界がありました。

 

なので、支出を減らす事以上に収入を増やすことにフォーカスしていかなければ、高校生の時、ひたすらに好きなことをしまくって輝いていたあの頃のような人生を二度と手に入れることは出来ない!と異様に危機感や焦燥感を覚えるようになりました。

 

ナガタキマン
それから、夜中の2時に急に目が覚めて、「お金が無い。。。お金が無い!!!」と叫んで心臓が破裂しそうな思いをした事もあり、相当追い詰められていました。

 

まずは簡単に出来る投資から始めようと思いましたが、今までそんな経験が無かったので、出来る限り損をしたく無いという考えで、効率の良い資産運用方法が無いかを探し始めました。

 

具体的には、

  • 僕でも簡単に始められる
  • 覚えることが比較的少ない
  • リスクが比較的低い
  • それなりにリターンもある
  • 普段は投資していることを考えなくていい

 

これらの条件を満たすような増やし方を見つける為に、本を何冊も買って読んだり、本屋に朝から閉店まで篭っていろいろ読んだりした結果、まず辿り着いた答えが、インデックス型投信信託ソーシャルレンディングでした。

 

ナガタキマン
ソーシャルレンディングについては以下の記事でも解説しております。

 

 

そこで持っていた資金の半分は投資しましたし、これでひとまず、簡単に出来る資産運用を見つけた!と思いました。

 

ナガタキマン
実際、元々お金を使わない方なので、ソーシャルレンディングの利息だけでも十分娯楽費などの浪費する分は余裕で稼げています。

 

先ほども言いましたが、会社員の給料を貯金しているだけではどうしても限界があったので、複数の収入源を持つことを考え、副業を考えました。

 

ナガタキマン
まずは取り組みやすいブログアフィリエイトから始めてみました。

 

しかし知識量・行動量が圧倒的に足りなかった

サーバを借りてドメインを取得したものの、何を書いていいか分かりませんでしたし、とにかく記事を書くことだけ考えてやっていました。

 

最初らへんは一週間に1記事とか、調子が良くても、3日に一記事とか、それぐらいのペースで書いていたため、当然サイトにアクセスが全然来ない、最初に覚悟していた事ではありましたが、半年間収入0円でした。

 

ナガタキマン
原因は言うまでも無く、
知識と行動の不足でしたね。

ここでさらなる追い討ちをかける上司の宣告

2019年4月から有給休暇の取得が義務化になり、中小企業は一年遅れで2020年からの義務化になりますが、僕が居た会社では2019年から取得をしていくような動きがあり、僕は働いていた会社に若干最後の希望を持ちました。

 

ナガタキマン
とはいえ、この時点ではもう既に、会社を辞めて独立しなければ、一生幸せにはなれないことがわかっていました・・・。

 

この時点では入社3年目であり、1年目に付与された、10日間の有給休暇は成す術無く消滅してしまいました・・・。

 

この義務化制度に対して持った希望というのは、これから最低5日間を取り続けられる喜びでは無く、あくまで辞める前に有給が消滅するのを、少しでも軽減することが出来たらということしか頭にありませんでしたね(笑)

 

案の定、有給が使えない事を2018年11月7日17時50分に言われました。

 

上司
有給義務化で5日間の取得は認めるけど、それ以外での取得は認めない

 

年に5日間の有給休暇取得は、まぁ違法になるから取得させるけど、それ以上の取得はさせないということですね。

 

それをきっかけに、「このままじゃやばい!会社に殺される!」と思い、更なる焦りと不安が生まれました・・・。

 

2019年に入ってからは、結果の出る手法で安定して稼ぐ、そしてこの会社を2019年度中には絶対に抜け出すそれを目標にしてとにかく行動をしましたね。

 

その後、仮想通貨にも投資を行って、今もメインで投資をし続けています。

 

ブログで事故を起こし、輸入転売を始める

今思えば、ブログを書き始めた時から、もっと必死に行動し続けていれば、もっと早く結果は出ていたと思います。

 

あの程度の作業量であれば成果が出ないのは当然で、もっと早く結果を出せるように外注等も駆使して記事を量産していました。

 

そこで数か月経過しても、SEOで検索上位に中々表示出来なかったので、質の悪かった記事を一旦全てゴミ箱に入れて、後でリライトしようと思っていました。

 

そしたら1か月で消える事を知らずに全て消えてしまいました(笑)

 

その時点で2019年の10月の話なので、会社での残業時間もかなり増えており、終電が連発する事もざらだったので、もう一度ブログで記事を入れていくよりも、少しかじっていた輸入転売を本気でやるようになりました。

 

ナガタキマン
がむしゃらに行動して転売で稼いで、まずはなんとしてでも会社を辞める事を最優先に考え出しましたね・・・。

 

2020年4月にブラック企業を退職

半年間本気で頑張って、輸入転売で月5万円、13万円、27万円とどんどん利益を伸ばす事が出来て、「やっと会社から解放される・・・」と思い、2019年12月に上司に数か月後に辞める事を伝えました。

 

そこからも副業での月収は20万円~40万円と、同じぐらいの利益額をうろうろしていましたが、とりあえず会社を辞める分には何も問題ないと思いました。

 

2019年12月~2020年4月までの間、アホみたいに残業をさせられたり、最後まで強引な引き止めをされて、いつ退職代行サービスを使ってもおかしくない状況に追い込まれたりしました。

 

しかし、4月で辞める事が出来なければ死んだ方がマシと思っていたので、最後まで自分の意見を貫き、2020年4月6日付けで念願の脱サラを果たす事が出来ました!

 

ナガタキマン
でも、「4年間本当によく耐えたな」と自分でも思います(笑)

 

ブログ「それいけ!ナガタキマン」を設立

ここまでいろいろ紆余曲折を経てきました。

 

最終的には、お金の貯め方や稼ぎ方、増やし方を記事にまとめて、ブラック企業で使い潰されている過去の僕と同じような人を少しでも多く救えるようなブログを作る事が、自分にとっても他の人にとっても価値があるのでは無いかと考えました。

 

そのためにやることは非常にシンプルで、僕でも出来る事を徹底的にやり続け、他の人が行動を起こすきっかけとなる情報を発信する。

 

これに尽きると思います。

 

ナガタキマン
もちろん完全な善意でやる訳ではなく、電子書籍の印税や広告などのマネタイズはしておりますが、僕自身は真っ当にビジネスを行っているつもりです。

 

僕の目標

僕の現在の目標は「楽しく自由に生きること」今働いていた会社は、ブラック企業ではありませんでした。
黒めのグレー企業というところでしょう。

 

ナガタキマン
辞める寸前の時期はヤバかったですが・・・(笑)
会社の悪いところ
  1. 給料が安い。
  2. そして有給を全くと言っていいほど使えなかった。(2019年6月27日と6月28日の2日間だけG20の影響による交通規制で出社が出来ないので、有給消化扱いになったが、こんなのノーカンでしょう(笑)。実質4年間、退職する時まで一度も使えませんでした。)
  3. 事務総合職のため、変な部署への転勤もある
まだ良かったところ
  1. 残業もかなりするけど、残業代は全額支給される。
  2. 人間関係は良くは無いが別に悪くもない。
  3. 会社の規模はそこそこある。
  4. 僕が居た部署は土日祝ちゃんと休み。

それでも平日は毎朝同じ時間に起きて、
必ず18時まで拘束されて、さらに長時間残業をする生活を4年続けてきました。。。

 

ナガタキマン
僕の主観的な意見なので、人によっては「それで条件悪いとか甘えすぎ」
「それでもっと楽したいとか調子乗りすぎ」という風に思われるかもしれませんが。

 

それでも、僕がなんとかして自由になりたいと思ったのは、僕が今の状況に不満を持っているからに他ならないでしょう。

 

今本気でいろんなことを頑張るのもそれが理由です。

副業はみんなさっさと始めるべき

一部の大手企業が副業を解禁し始めたことから、2018年は副業元年とも言われています。これからはその波に乗り、中小企業も含めたあらゆる企業も副業を解禁していくでしょう。

 

ナガタキマン
僕は2018年の6月頃から始めましたが、ちゃんと軌道に乗れたのは2019年の後半なので、そこそこの結果が出るのでさえ1年と数か月経っています。

 

稼ぐセンスの無い僕でそれぐらいだったので、普通の人であれば半年~1年、本気でやれば相応の結果は出るでしょう。

 

僕の居た会社の場合、副業禁止とは言っていますが、それはあくまでアルバイトのような、「許可なく他に雇用されることがダメ」なのであって、雇用されない稼ぎ方であれば大丈夫です。

 

もし、僕と同じく副業禁止と言われている会社に勤めて居られる人で、「副業禁止だから、何も副業出来ない」と考えている人はもう一度、社則などを確認したり、差し支えなければ会社に聞いてみたりしてはどうでしょうか。

 

たとえ社則に副業禁止と記載されていても、民間企業であれば別に法的な拘束力は一切ありませんし、法律の専門家からしたら、むしろ副業を禁止している事の方が問題とも言われています。

 

ナガタキマン
もし副業をやったらクビになるって脅された場合、僕だったら退職して専業で集中します

 

あ、でも公務員は公務員法できっちり副業禁止の規定があるので、やっちゃダメですよ。一部の投資とかは大丈夫ですが。

 

特に平日働くことが苦にならない人であれば、今の給与収入に+αで副収入を得たり、投資による利回りを得たりし続けることが可能ですので、なおさら副業や資産運用を始めない選択肢は無いでしょう。

 

僕が副業を始めようと思った理由は、会社を辞めて無収入になるリスクを負わずに始められるからです。

 

まずは今より条件の良い会社に転職する方が良いという意見も聞きますが、僕の場合は薄給&有給絶対封殺の時点で、自分で時間のコントロールが出来ない会社員として働く事に絶望してしまったので、転職活動をするとすれば、本当にやりたい仕事が出来た場合とかぐらいでしょう。

 

ただし、これは僕の考えなので、他の人には、以下の順番でやる事をお勧めします。

 

状況を変える為のお勧めの手順
  1. ブラック企業は今すぐ辞めて転職活動をする
  2. グレーな企業なら節約&副業から始める
  3. 副業がある程度軌道に乗ったらもっと条件の良い会社を目指して転職活動をする
  4. 転職が成功したら、給料&副業で稼いで行く
  5. 副業でめっちゃ稼げるようになって、貯金も出来ているなら独立も良い

 

もちろん、自分の家庭環境やスキル等を考慮して、自分にとって最適だと思えるような選択をして下さいね。

 

ナガタキマン
でも、僕を含めて3の時点である程度稼げるようになってそのまま独立する人も多いです。ただし、そこから失敗して再就職する人もいます。

 

今の状況に不満がある人は、さっさと小さくてもいいから副業を始めるべきですし、自分のスキルや市場価値を活かして転職活動を行うべきだと思います。

 

仕事にも給料にも不満が無いという人でも、資産を運用したり副業でお金を稼いだりするのは、将来の備えになりますしね。

でも、どうしても今すぐ辞めたいと思うレベルのブラック企業であれば、すぐに退職した方が良いですよ。

自分にとって最高の人生を過ごす

結局のところ、人生というのは一度きりの暇潰しでしかありません。

僕だって後何年生きられるかわかりませんし、100年後には恐らくこの世には居ないでしょう。

 

ナガタキマン
だからこそ、自分にとって最高の人生を過ごすという目標は誰しもが持つべきだと思います。

 

「目の前の仕事を頑張れば、給料もどんどん上がるし、自分に返ってくるものがある」という人も居ますが、僕の場合、給料は一年で3千円しか上がらないですし、有給を絶対に取らせないと言われた時点でその迷信は木っ端微塵に崩れ去りました。

 

朝から夜まで嫌な仕事を、70歳とかまでやり続けて、それは本当に幸せと言えるのか。

 

の僕はそれは幸せとは思えませんし、「生きるために」という理由だけでそういう生き方を選んだ人は気の毒にしか思えません。

 

確かに完全に好きなことだけして生きていけるのはほんのわずか一握りですし、全員がそれを達成することは出来ません。

 

さらに言えば、嫌々仕事をしている人達の仕事によって僕たちの生活が支えられている面もあります。(そこにやりがいを感じる人も居ると思いますが)

 

そしてお金が無いと生きていけないです。

 

そういった現実から、時にはやりがいや楽しさよりも、収入を優先する必要もありますから、ある程度妥協しなければならない部分はあると思います。

 

例えば、やりがいや楽しさを重視した結果、年収50万円しか稼げてないのであれば、生活の不安は消えません。

 

だから最初の妥協点として、仕事もそこそこ楽しいし、収入もあるし、オフの時間もしっかり取れるから自分にとっては十分楽しいと言えるような人生。
少なくともここまでは目指すべきでしょう。

 

ナガタキマン
副業や、もっと良い条件の企業への転職を勧めているのはこの為です。

 

そこに到達出来れば、次はさらに人生の満足度を高めるために、例えば、起業してたくさんのお金を稼ぎ、不労所得だけでも生活費以上の収入があり、自分の好きな事だけをやれるような、悠々自適に生活出来るような人を目指して、ほぼ100%を楽しいと思えるような生き方を目指すのもいいのでは無いかと思います。

 

僕は強欲なので、ずっとアニメを見たり、漫画を読んだり、ゲームをしたり、好きな事だけをやっていきたいですし、たった一度の人生ですから、それを達成する為の挑戦はどんどんやっていくべきだと思っています。

 

その過程には、会社員をやり続けるという選択肢は無かったので、今の僕があるわけですが、こういった人生の目標やそのために取れるリスクというのはもちろん人によりけりです。

 

それは、単純に年齢や家族構成でも大きく変わってきますよね。

 

例えば、20前半で独身の人40代後半で家庭持ちの人とでは、生きてきた時代や価値観も違えば、今後の目標や取れるリスクも大きく違うのは言うまでもありません。

 

それでも、今の自分にとってベストと思えるような選択をし続けることは全員がやるべきだと思います。

 

だからこそ、副業や資産運用はもちろん、若い人であれば転職や独立起業なども視野に入れて少しでも人生の不安を取り除くことが先決です。

 

たとえ今の仕事に割とやりがいを感じていても、怪我や病気で働けなくリスクや、人間関係の悪化や仕事内容の激務化、業績の悪化によるリストラのリスクもあるから、その仕事を老後まで続けられるとは限りませんよね。

 

そこで複数の収入源を持たない人は、その仕事が続けられなくなった時点で貯金を切り崩して生活しなければなりません。

 

ナガタキマン
終身雇用が既に崩壊しているのは常識ですからね。

 

まぁそもそも仕事にやりがいを感じていない上に、収入も少なく、休みも取れない。でもまだ若いという人は、素直に副業を始めて独立を目指すか、スキルを身に付けて転職活動を始めた方がいいと思います。

 

ただし、今の会社に残り続けるか、転職するか、起業するかの選択は自己責任で行ってくださいね。

 

自分の力で生きていく

いつでも転職出来る力や、個人で稼ぐ力や資産というのは、仕事や人間関係などで嫌なことがあったりした時に、「じゃあ辞めます。」と即答できる力となり、「常に自分の信念を貫くこと」が可能になります。

 

だから、僕としては、入社して場違いな部署に飛ばされた経験も、有給を絶対に使わせないと宣告された経験も、全て今の僕に変われたきっかけになっているので、そういった意味では4年間勤めた会社に感謝すべきなのかもしれません(笑)

 

仮に、入社した時点で希望通りの仕事をして、有給もちゃんと消化出来るような環境であれば、多少給料が安くても、自分の時間を取りやすく、安定しているため、思考停止して今の僕にはなれていなかったかもしれませんでした。

 

例えばですが、

  1. 大企業に就職出来た自分
  2. 会社を辞めて転職活動をしていた自分
  3. 有給を適度に消化出来ていた自分
  4. やりがいのある仕事が出来ている自分

 

どのパターンの自分を想定しても、恐らく今の自分には勝てないんじゃないかなーと思います。

 

だから今後も何か問題が起こったり、何か環境に変化があったりしたら、それも今の自分を変えてくれる何かの縁だと思って、少しずつでも、自分にとって最善の選択をすることが出来たらと思っています。

 

もちろん、これも人によりけりです。
転職活動や起業などは人によっては、凄くリスクのある行為ですし、副業や資産運用も種類があり、リスクが伴うものもあるので、しっかり考えた上で、自分に合った事をやりましょう。

 

しっかり考えた結果であれば、「まずは真面目に働いて貯金を頑張る」という判断でもいいと思います。

 

ナガタキマン
繰り返しになりますが、ここまで読んだからには、あなた自身も、取れるリスクの範囲で、ベストと思えるような選択をし続けて下さいね。