ユーロ

こんにちはカスタキマンです。

 

年収300万円だとどういった資産運用をすればいいか悩んでいる人は多いですよね。

 

カスタキマン
実際僕は、年収300万の会社員でしたから、初めて資産運用をする時は本当に悩みました。

 

今回の記事では、過去の僕と同じ、年収300万円の会社員におすすめの資産運用方法を紹介します。

 

年収300万はまず資産運用のリスクを考えたい

賢い資産運用をするためには、年収がいくらあるかにかかわらず、いろいろな方法にリスクを分散させる分散投資が一般的ですよね。

 

もちろんそれは、年収300万円の場合でも例外ではありません。

 

しかし、年収300万の場合にはまず最初に、自分の希望をあらかじめ設定した上で、適切なリスクを取ることがとても大切となります。

 

僕の考え方ですが、年収が低くて、やっと貯金が出来たという人は、株式投資や実物投資はおすすめしません。

 

これらの資産運用はいきなり始めても、最初は大損するリスクが高いので、もし大損してしまえば、もう一度その額まで貯金するのは時間がかかります。

 

カスタキマン
僕自身、過去に血迷って実物投資で150万ほど吹っ飛ばした経験があります。
皆さんはなるべく損をしないようなやり方をしましょう。

 

資産が少ない人ほど株をやって大きく増やすべきという考え方もありますが、僕は半分賛成で半分反対です。

 

ただ、勉強がてらやってみたいという人はSBIネオモバイル証券などで口座を開設して少額で株式取引を練習しておくといいでしょう。スマートフォンで手軽に行うことが出来ますので、おすすめですよ。

 

後、実際に大きな資金で株式投資に取り組む際も、損切りすることは徹底しておいてください。

 

年収300万でも出来るローリスクな資産運用とは

年収300万の資産運用でおすすめなのは、株式投資やインデックスファンド投資など、銀行口座への貯金以外に投資を行うという方法です。

 

ただし、株式投資について専門的な知識や経験、スキルがないと、なかなか利益をコンスタントに出し続けることは難しいですよね。

 

そこでおすすめなのが、ロボアドバイザーを活用できる自動運用スタイルです。

 

ロボアドバイザーというのはAIのことで、過去の膨大な統計や傾向、トレンドなどから適切な売買をしてくれるというものですね。

 

素人が勉強しながら取り組むよりも、利益を出せる確率はずっと高くなるというメリットが期待できます。

 

この方法なら、貯金よりもハイリターンが期待できますし、素人が株式投資をするよりもリスクを低く抑えることができます。

 

最低投資額が低めのサービスを選ぶ

年収300万の場合には、生活にかかる費用などを差し引くと、最終的に投資に回すことができる額は限られてきます。

 

生活費を節約することは大切ですけれど、食事をせずに投資に回すような極端な節約は、長期的にはマイナスに転じてしまう可能性が高くなるのでおすすめではありません。

 

まぁ年収300万円で食費に月10万とかかけている人は別ですが。

 

株式投資やインデックスファンド、ソーシャルレンディングなどのサービスは、少額からでも始められる性質上、年収が低い人でも始めやすいという魅力がありますから、年収300万の人でもトライしやすいでしょう。

 

その際には、できるだけ最低投資金額が低めに設定されている商品やサービスを選ぶことをおすすめします。

 

例えば、毎月2万円とか3万円ぐらいから始めることができる積立式の投資などは、年収300万でもはじめやすいですし、毎月どのぐらいの金額を投資に回すのかがはっきりしているので、管理もしやすいでしょう。

 

リスクをとってもいいから大きく増やしたい人は?

年収300万といっても、ローリスクで安全に資産運用したいという人もいれば、リスクが多少高くてもいいから大きく増やしたいという人ももちろんいます。

 

カスタキマン
では、実際に僕がやってみておすすめ出来ると思った運用方法を紹介しますね。

 

ソーシャルレンディング

資金を大きく投じてそこそこの利益を得たいという人におすすめなのは、比較的高利回りなリターンが期待できるソーシャルレンディングですね。

 

ソーシャルレンディングにはいろいろな種類があり、少額でも投資できる企業はたくさんあります。

 

しかも、株式投資と比べると平均利回りという点でも高めで安定していて、5%〜10%程度が期待出来るものが多くなっています

 

一度投資を決めると、満期が来るまで途中で資金を引き上げられないというデメリットはあるものの、年収300万でも、堅実に副収入を得たいという人にとってはおすすめの方法ではないでしょうか。

 

 

カスタキマン
こちらの記事では、ソーシャルレンディングのリスクを下げる方法や、おすすめの事業者を紹介しています。

 

少ない資金から挑戦出来るので、試しにやってみてください。

 

仮想通貨は最もリターンを狙いやすい

もう一つおすすめ出来る方法としては、仮想通貨ですね。

 

仮想通貨は値動きが非常に激しくハイリスクハイリターンというイメージを持たれやすいですが、投資の仕方を考えたら、そこまで怖い物ではなく、大きなリターンが期待出来ます。

 

もちろん塩漬け株の如く、無価値になるリスクはありますが、それ以上に将来の期待値が高いですね。

 

僕としてはこの仮想通貨が少額から始められて、シンプルかつ大きなリターンを得られる投資先だと思っています。

 

カスタキマン
ただし、得体の知れない草コインへの投資はおすすめしません。
有名どころのコインに投じることをおすすめします。

 

FXによる資産運用はどう?

著名な投資家や、短期間で巨額の富を築いた投資家などの動画をYouTubeで見ると、比較的多くの人がFXや株式投資をすすめていることが分かります。

 

その理由は、これらの方法は、投資の仕方によっては短期間で大きく増やすことができるからですよね。

 

特にFXの場合には、レバレッジを使うことができるので、実際には少ない資金でも取引の際には何倍〜何十倍もの資金を持っているかのように取引できるという魅力があります。

 

FXは為替の変動を利用した投資取引です。

 

株式投資のように銘柄に対して詳しい情報を持っていなくても為替変動を予想して取引するという点では、素人でも始めやすいのかなと思いますね。

 

ただし、たかが為替変動と侮ってはいけません。

 

為替の変動にも、上がったり下がったりする背景にはきちんとした理由があるわけで、その理由を勉強することによって、より確実に根拠のある投資ができることになります。

 

これが、FXで利益をコンスタントに出し続けるポイントですね。

 

また、FXで取引をする際には、ゼロカットシステムを導入している海外のFX業者を利用する手もあります。

 

その理由は、国内資本のFX業者の場合には、証拠金の金額よりも高額な損失が出てしまった場合には、その損失は投資家に支払い義務が生じるからです。

 

海外のFX業者だと、証拠金で損失を補填しきれなかった分については、証拠金を全て補填に回したらそれでチャラというシステムとなっています。

 

ハイリスクな勝負を挑んだ割に大きな損失を出すことが怖い人にとっては、海外FX業者の方が安心な場合もありますが、基本的には国内のFX業者で取引を行いましょう。

 

カスタキマン
放置して堅実に利益を出し続けながら、損失するリスクも下げたいのであれば、自動売買で運用することをおすすめします。

 

少しずつ始めてみよう

年収が少なくても、資産運用することは可能です。

 

いろいろな方法があり、それぞれメリットやデメリット、そしてリスクなどが異なるので、自分の考え方や希望に合った運用方法を見つけることが、成功するコツではないでしょうか。

 

まずは少額から始めてみて、様子を見ながら金額を増やすという方法もアリですよね。

 

ぶっちゃけソーシャルレンディングなどはいつやってもリターンはあまり大差ないので、むしろ僕はそのやり方をおすすめしています。

 

ただし、逆に仮想通貨などは、今大きく投じなければ先行者利益を大きく勝ち取ることが出来ない場合もあります。

 

まずは少しずつ始めてみることが大事ですが、株や仮想通貨なども早い内から小さく経験しておけば、チャンスだと感じた時にいつでも資金を投じる体制を取ることが出来るでしょう。

 

カスタキマン
経験を積むために、今すぐ行動すべきですよ。
ローリスク・ミドルリターンを安定して出す次世代の資産運用とは

たったの1万円から投資出来る気軽さを持ちながら、
年利5~10%を誰でも安定して出し続けられる「ソーシャルレンディング」をご存知ですか。

 

口座開設も無料で出来るので、誰でも簡単に「もう一つの収入源」を作ることが出来ます!